〜Written by Buruburu〜

お金のはなしOnline

Money

クレカの代金支払い管理のコツ!延滞してしまう人の共通点とは

更新日:

クレジットカードの引き落としをしっかりと管理し、自分の信用情報を守るコツを解説します。


ぶるぶると申します。金〇庁や金融系のコンサル企業で金融に関することを研究してきました。その経験からお金や金融、節約などについての情報を発信しています。

疑問
いつもクレジットカードの入金を忘れてしまい、延滞の催促の電話がかかってくるんです...期日を管理するコツはないのでしょうか?

というお悩みにお答えします。

 

使ったら 期日に 使った分を 全額 返す

これが当たり前であり基本です。

とはいえ人間ですから、忘れる人もすごく多いんですね。

 

クレジットカードの引き落としはこわいですよ。管理がだらしないと用情報が棄損します。一度棄損すると、回復に数年を要しますが、結構生活に困りますから注意です。


管理のコツを解説しますので、どうぞご覧ください。

 

 

1.クレジットカードの引き落とし

 

大抵の人は、給料やボーナスの日は覚えていますし、いくらくらい入ってくるかについても、結構把握しています。

しかし、多くの人はクレジットカードの引き落としには無頓着です。

ぶるぶる
人間は、もらうものには高い関心がありますが、払うものには関心が低いですね。


こういった心理的な要因もあり、あまり支払日に気が向きません。

 


もう一つの要因は、多くの人がたくさんのクレジットカードをもっていて、
それを色々と使っていることです。

また、引き落とされる銀行口座を何種類も持っている方もいます。

 

クレジットカード会社によっても、何日に引き落とされるか様々なので、以下を把握しておく必要があります。

抑えておくこと

  • 何日に
  • どのクレジットカード分が
  • いくら
  • どの銀行口座から

引き落とされるか

という事を把握しておかねばなりませんね。

 

ところがこの4つの事柄を、クレジットカードを4枚も5枚も使っている場合、管理するのはとても難しいと思います。

 

 

2.まとめるのが基本


もうお分かりかもしれませんが、支払いを忘れないコツはクレジットカードや引き落としの銀行口座を分けないことです。


特にクレジットカードは、誘惑がいっぱいです。

例えばデパートでの買い物で「このクレジットカードを新規で発行してご利用すると10%割引!」なんていうこと、ありますよね。

こういうシーンで、その都度色んなクレジットカードを作っては、使って。
また別のクレジットカードを作っては、その時の目の前の割引欲しさに使って。
この繰り返しです。

 

もちろん、きちんと管理できる前提でこういう割引を取りにいくことは否定しませんが、結局、この管理が出来ない人が多いんです。

冒頭でも述べましたが、「返済や払うこと」に対して、普通の人間は興味や関心を積極的に払いません


「忘れないよ!」と最初は思っていても、人間、ほぼ忘れます。関心を払わないものは、どんどん忘れます。

よく感じるのですが、自分の記憶力や管理能力を過信しない方がいいということです。

 

よって、大事なことは

大事なポイント

  1. クレジットカードは1種類か、2種類に纏める
  2. 引き落としの銀行口座を1つか2つに集中させること


ぼくはクレジットカードは楽天クレジットカードとANAカードだけしか使いません。

何故この2つかと言えば、楽天ポイントとANAマイルがよく貯まるからです。

こういったポイント類は、集中して使うほど効果を発揮しますので、こういった観点からも「利用カードをまとめる」は大事です。

 

まとめますと、

  • クレジットカードの支払い管理は、カードと銀行口座を絞ることが大事
  • 1種類のクレジットカードを使うほうが、管理の面でもポイントの貯まりやすさでもメリットあり

 

 


3.便利な管理サービス

世の中の多くの人は、支払日をよく忘れます。

この事を裏付けているのは、あるサービスが人気だということが証明していそうです。

そのサービスとは「支払額と残高不足の通知サービス」です。


楽天銀行と楽天カードを使えば、この通知サービスが利用できます

引き落とされる楽天銀行口座の残高を見て、クレジットカードの利用代金分が足らなければ、前の日までにアラートメールを送ってくれるというサービスなんです。

楽天銀行によれば、これが人気らしく、サービス範囲の拡大を発表しています。

 


このサービスに支持が集まるということは、やはり多くの人は「支払日の管理」って面倒であまりやらないということだと思いますし、うち一部の人は、毎月毎月自分の信用情報に傷をつけている可能性があるということです。


よっぽど管理能力に自信がある方はいいですが、あまり自分を過信せず、仕組みを利用してしまうのもリスク管理として大事です。

ぜひ、楽天銀行と楽天クレジットカードのコラボを試してみてください。

 

ちなみに、楽天クレカと楽天銀行はSPUでもメリットがあります

SPUは楽天ポイントが爆発的に貯まる仕組みです。「よくわからん」という方は、以下記事もご覧ください。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ぶるぶる

金融やお金、ポイントやお得な情報を発信しています。 金融庁勤務の経験があり、現在は外資系企業に勤務しながら、金融やお金について日々研究しています。 お金に対する若者の不安を取り除き、日本を活性化させることが目標です。 ぶるぶると言う名前は、単に青色(ブルー)が好きだから。

-Money
-

Copyright© お金のはなしOnline , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.