〜Written by Buruburu〜

お金のはなしOnline

Money

クレジットカードの引き落とし日を忘れてしまう人の対処法(信用情報は大事)

更新日:

クレジットカードを使ったあと、引き落としの日って結構忘れてしまいがちですよね。

必要額の入金を忘れてしまい、延滞になって電話がかかってきたり。微妙に金額が足りなかったり。

この入金忘れを防ぐ方法があります。

 

お金や節約、金融やポイントに関する事を日々研究し、情報発信しているぶるぶるです。金〇庁での勤務経験や金融系のコンサルの仕事で、お金に関する知識量はそれなりにあります。


今回はクレジットカードの引き落としを忘れないための方法をご紹介します。

 

1.引き落とし日はみんな忘れがち

 

クレジットカードの利用額は、月に一回訪れます。

毎日のことでしたらなかなか忘れないでしょうけど、月に一回ですし、「あれ、今月っていれたっけ?」とか、「忘れて電話かかってきて気付いた!」という失敗は誰しもありますよね。

  • 何日に
  • どのクレジットカードの
  • いくら分が
  • どこの銀行口座から落ちるのか

 

ぶるぶる
特に、色んなクレジットカードを持っていたり、たくさんの色んな銀行口座を持っていたりすると、この大事な日を管理するのは難しいものです。

 

僕は、財布に色んなクレジットカードを適当に詰め込んでいた時期がありました。

かつそれをルールを決めるわけでもなく、ただその時の気分だったり、最初に目についたカードで払ったり。

いつ、どのクレジットカードを使ったのか分からなくなる上、銀行口座もいくつも持っていたりして。

 

正直管理能力がゼロで、延滞になってしまうミスを何度もやってしまったことがあります。

 

 

2.信用情報はとても大事

 

「延滞」というやってはいけないミスを犯しがちな「クレジットカードの引き落とし」。

よく忘れてしまうとは言え、やはり延滞を繰り返していると信用情報にマイナスです。


1日忘れるだけでも延滞ですし、それはしっかりと信用情報に残りますので、
極力このミスは撲滅する必要があります。


信用情報はこわいですよ。延滞の日数にもよりますが、数年間はキズは消えませんから。

いざという時にローンが借りれなかったり、クレジットカードが使えなかったり。

住宅ローンを借りる時なんか、過去のたった一度の延滞が気になって気になって。心の底から「ちゃんと管理しておけば...」と、ただただ後悔する意外にできることはゼロです。(僕は結果的に住宅ローンは借りれましたが)


たった600円の残高を、めんどくさいから数か月放置していた知人がいまして。
彼女は5年間、クレジットカードを作ることが出来ませんでした。

 

 

3.通知してくれる銀行


「月末、そろそろ引き落としだっけ?」
(月末だっけ、来月10日だっけ、と曖昧)

「今回の利用額はいくらだろう?」
(クレジットカードの明細をネットで確認する)


「今口座の残高には??」
(あれ、この銀行口座であってるよな…と思いながら、口座残高をオンラインで確認、またはATMで通帳記帳)

 

だいたいはこんなステップを踏んで、引き落とし日を迎えるでしょうか。

そんな「引き落とし」の情報を完璧に通知してくれるのは、楽天クレジットカードです。


楽天のクレジットカードは、楽天銀行と組み合わせれば、最強です。

楽天銀行の口座を開設しておき、クレジットカードの引き落とし口座にしておくんです。

そうすると、もし引き落とし日の前に楽天銀行に残高が足らなかったらアラートのメールを送ってくれるんです。


楽天カード側が「あれ、今月5万円の引き落としなのに、銀行口座に3万円しか入っていないぞ??」とチェックしてくれるんです。

凄く便利だと思いませんか?!


普通の人は、そもそもクレジットカードの引き落とし額を把握するのが面倒だし、引き落とし日だって、そもそもあまり把握していない方が大半だと言われます。(よっぽど金に困っている人ほど、引き落とし日を気にするらしいです。)

 

ただし、楽天カードと楽天銀行の組み合わせであれば、これをやってくれるんです。

ぶるぶる
残高が足りなければ、前営業日までに、登録のメールアドレスに通知が届きます。


メールはこんな感じです。

 

 

最近は、このサービスがあまりに好評で、グレードアップしました。楽天銀行での引き落としなら、楽天カード以外でもアラートメールを送ってくれるようになったそうです。

楽天銀行のHP

とはいえ、楽天銀行を使おうと思う人は、楽天クレジットカード所有者が大半でしょう。

楽天クレジットカードユーザーは2019年3月に1,700万人に到達したそうです(楽天の決算発表より)。

ユーザーは、必ず楽天銀行の口座も開設しておきましょう

 

 

おわり

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ぶるぶる

金融やお金、ポイントやお得な情報を発信しています。 金融庁勤務の経験があり、現在は外資系企業に勤務しながら、金融やお金について日々研究しています。 お金に対する若者の不安を取り除き、日本を活性化させることが目標です。 ぶるぶると言う名前は、単に青色(ブルー)が好きだから。

-Money
-

Copyright© お金のはなしOnline , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.