〜Written by Buruburu〜

お金のはなしOnline

Money

【節約】飲料水代をほぼタダにするワザを解説(月に5千円浮きます)

更新日:

毎日の飲み水は、生きていくためには欠かせませんが、おおよそ一人当たり5,000円くらいかかっています。

この5,000円を節約してみませんか。

 

ぶるぶると言います。お金や金融、節約、ポイントなどについて情報発信しています。

節約好きで、無駄なものにはお金を使いたくない性格です。

飲み水はなくてはならないものですが、ここも節約でき、ほぼ月々ゼロ円で乗り切れることが分かりました。

 

どのように飲み水代を削減するのかを解説します。

どうぞご覧ください。

 

 

1.月に飲み物でいくらかかっていたか

僕は会社で一日500mlのペットボトルの水を最低一本買っていました。

100円×平日の20日=2,000円です。

 

暑い日は2本買ってしまうこともあり、もしかしたら月に3,000円くらいかかっていたかもしれません。

 


家でも水やお茶は常備していますよね。

かつては、僕は近くのスーパーやコンビニで2リットルのお茶やペットボトルを購入していました。

 

ちょっと勿体無いと思い始めてからは、2リットルペットボトルを楽天で購入していました。

こんな感じです↓

 

一人暮らしでは、2リットルの水12本くらいがほぼ1ヶ月くらいで無くなります。

これが、だいたい2,000円くらい。

 

要するに、1か月で、一人あたり、飲み水で5,000円です。

 


意外とかかっていると思いませんか??

節約の第一歩は"日々何気なくかかっているもの"から見直すと良いとよく言われますが、水にもメスを入れてみましょう。

 

 

2.水道水に目を付けた

 

そこで目をつけたのは、水道水。

 

水道水って、飲めますか?

僕は抵抗感がありましたね。

何年か前にも、酔った時につい水道水を飲んでしまい、カルキ臭でさらに気持ち悪くなったことがありまして、それからというもの、とてもとても水道水をそのまま飲む気にはなれませんでした。

 

 

そうは言っても、水道水は驚くほど安いです。

なんと500mlが0.1円

 

会社で飲む20日間分を、すべて水道水に置き換えると、それでもたった2円です。

家で飲む分も合わせても、1ヶ月6.8円

 


水道水は飲みにくいとは言っても、何とかして飲むことができれば、かなりの節約になりますよね。

月々5,000円がほぼ丸々浮くんです。

 

 

3.ブリタを使って水道水がおいしく飲める

 

水道水を美味しく飲む、と言えば浄水器が思い浮かびますよね。

浄水器は様々なタイプのものがありますが、大きさやスペース、手間やランニングコストを軸に色々と探しているうちに見つけたのが、BRITA(ブリタ)。

 

ブリタ知っていますか?ドイツのメーカーなんですけど、このメーカーの浄水アイテムが非常に優秀です。

 

BRITA(ブリタ)のポット型浄水器。

 

 

仕組みは、普通の水道水をこのポットに入れ、中のカードリッジを通ると、飲んでも大丈夫な綺麗な水になっています。

 

 

水道水を入れると、濾過された水が下に溜まります。

 

これだけです。

カートリッジを通り抜けるのに時間が1〜2分かかるのがデメリットではありますが、面倒ではありません。

 

「これだけで本当に飲めるの?」

と僕自身も半信半疑で、かなり抵抗感がありました。

 

でも飲んでみると、カルキ臭はないし、無味無臭で問題なく飲めました。水道水には若干トラウマがあったのですが、なんの問題もなし。

 

 

あえて欠点を言えば、本当に無味無臭。

市販のミネラルウォーターには、多くのミネラルが含まれており、やや味がついているんだと思います。これが意外に美味しいと感じる面もあるのかもしれません。

BRITAを通した水は、そう言った味が全くない状態、いい表現をすれば「純粋な水」、悪く言えば淡白な味。

 

サイズが大きいため、冷蔵庫に入らないので、日常的にはこれを別の容器に入れて、冷蔵庫で冷やしています。

 

 

4.水道水は安全なのか

 

水道水を飲もうと考え始めた段階で、そもそも最初に不安だったのが、「そもそも水道水は安全なのか」という問題です。

 

調べてみると東京都の水道水の検査基準は、市販のミネラルウォーターよりも厳しいそうです。

それに、これまでも料理には普通に使っていたわけだし、今さら飲み水を水道水に変えて身体に物凄く悪いということもないでしょう。

 

 

 

5.水筒を持って会社へ

会社での飲み水もゼロにするために、このBRITAで作った水を持っていくことにしました。

そのため、初期投資、思い切って水筒を買いました。

ちょっとゴールド色にはまっていたので、シャンパンゴールド的な色の水筒を買いました。

 

デザインも好きだったんですけど、最近このCORKCICLE(コークシクル)というブランドがおしゃれで人気、かつ保温性も高いということで、これにしました。

会社ではペットボトル1本以上は飲むので、750mLのサイズです。

 

やや大きいので、普通の方は450mLでもいいかもしれません。

 

 

6.初期投資にいくら??

 

ブリタは浄水カートリッジを定期的に交換しなければなりません。

これです。

6個セットで3,000円。1個約500円くらいです。

およそ半年毎に変えなければならないので、月々約90円くらいのランニングコストですね。

 

 

 

7.月5000円お得!

水筒やブリタ本体の最初の投資はかかりますけど、そのあとはカートリッジは対してかかりませんし、飲み物自体はほとんどゼロ円でいけます。

ちなみに僕は浮いた分で本を買うようにしました。投資にも回しています。

 

水道水は最初は抵抗がありますが、飲めますし、食わず嫌いというか飲まず嫌いなだけかもしれません。

特に、BRITAで濾過した水は、何の違和感もなく飲めます。遊びにきた友人に飲ませても、普通のミネラルウォーターだと思ったそうです。

 

ぜひ一度お試しくださいね。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ぶるぶる

金融やお金、ポイントやお得な情報を発信しています。 金融庁勤務の経験があり、現在は外資系企業に勤務しながら、金融やお金について日々研究しています。 お金に対する若者の不安を取り除き、日本を活性化させることが目標です。 ぶるぶると言う名前は、単に青色(ブルー)が好きだから。

-Money
-

Copyright© お金のはなしOnline , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.